CASE 6:団扇にエキノプシスを接いでみた

パワフルな花サボテンの斑入りの親が欲しかったので、団扇に接ぐことにしました。
ちなみに時間帯は夕方、天気は曇りでした。

用意する物:団扇サボテン(今回は竜華宝剣)、穂木(今回は王冠世界の図)、ナイフ(ライターで消毒済のもの)、たこ糸、支柱、セロハンテ−プ、ティッシュ
2006/9/11 今回の台木です。後で必要になるので支柱を立てておき、水も2〜3の日位切っておきます。

2006/9/11 今回の穂木です。前日に採っておき、日陰で乾かしておくと、吉です。

2006/9/11 適当に台木をカットします。

2006/9/11 穂木を適当に真っ二つにし、周囲を削ぎ落としておきます。

2006/9/11 台木・穂木の切断面をティッシュで拭き、穂木を好きな位置に載せます。
※このとき、維管束を合わせないと、くっついたように見えても後から枯れるので要注意ですよ!

2006/9/11 たこ糸を支柱にテープで貼り付けます。

2006/9/11 様々な方向から糸を掛けます。4〜5回も掛ければ充分です。

2006/9/11 たこ糸の終端を支柱にテープで貼り付けます。

2006/9/11 風通しの良い日陰に放置します。

2006/9/15 台木の切り口に膜が貼ってきたところで潅水を再開します。
今回の穂木の状態は・・・微妙です。

2006/9/16 糸を外しました。成長こそしていないものの、くっついた様です。

2006/9/24 接木をして約10日が経ちました。
↑に比べ球体が膨らみ、成長も開始しています。成功です。


BACK