CASE 4:ハオルチアの葉挿し

とある本でハオルチアの葉挿しは付け根からモギり取った葉じゃないとダメと読みました。
が、しかし、コレ間違いっぽいです。
理由1:エケベリアの葉挿しで、付け根からモギれなかった葉でも葉挿しできた。
理由2:クーペリーの葉挿しで、付け根からモギれなかった葉でも葉挿しできた。
というわけで、他のハオルチアでも試してみて、観察してみます。

用意する物:ハオルチア(今回はウンブラティコラ)、挿し木床、ナイフ(ライターで消毒済のもの)
2006/8/31 まず、ハオルチアから葉をモギります。

2006/8/31 そして途中でカットし、切り口を乾燥させるために一週間放置します。

2006/9/8 葉が多少痩せたものの、切り口が白く乾いたようです。

2006/9/8 挿し木床に挿し、霧吹きで水を与えます。

2006/10/16 ふと気になって抜きあげたら、根が出始めていました。
ので、他のハオルチアと同様、水を遣ることにしました。

2006/12/21 いつの間にか芽が出てましたー!
他の葉はまだですが、そのうち生えてくるでしょう。

2007/1/15 ナゼか気になって掘り起こしてみました。
すると・・・土の中で芽が育っていたので鉢上げする事にしました。

2007/1/15 得意のプリン容器に植え込みました。

さて、今回の試行錯誤によって「ハオルチアの葉挿しは付け根からモギり取った葉じゃなくてもOK!」だといえるでしょう。
皆さんもどんどん葉挿ししてくださいね〜♪

BACK