CASE 1:カイガラムシとの戦い

サボテンを育てていると、直径2mm前後の白いカサブタのようなものの中心に黒い点がある虫が付き、増殖することがあります。
最初のうちは手で取ったり、ブラシで擦り落とし、浸透性殺虫剤を与えればいいのですが、増えすぎたり隙間に入り込まれると厄介です。
そこで退治法を紹介します。

用意する物:カイガラタタキ、如雨露 or 水差し、歯ブラシ(使い古しでOK)
@サボテンに付いている白い点々がカイガラムシです。

Aそしてコレがカガラタタキです。

Bサボテンにカガラタタキを満遍なく吹き付けます。

C一時間も放置すれば、泡が落ちます。

D水で洗い流します。。

E次の日になったら、カイガラムシを歯ブラシで擦り落とせば終了です。


BACK