CASE 17:サボテンの葉挿し

いきなり何を・・・と思うかもしれませんが、一部のサボテンは葉挿しが可能と言われています。
しかし、本当かどうかわかりませんし、葉から根が出た状態までしか、私自身、見た事がありません。
そこで、葉挿しができると言われている、「Pereskia」「Quiabentia」「Pereskiopsis」で試してみることにしました。

用意する物:サボテンの葉、剃刀、発根剤(今回はルートンを使用)、バーミキュライト、ビニール袋
2011/8/9 サボテンの葉をなるべく付根から、剃刀を使って採取します。
左上は「Pereskiopsis diguetii」、右上は「Quiabentia zehntneri」、下は「Pereskia grandifolia ssp. violacea」になります。

2011/8/9 切り口を乾かすことなく、発根剤を付けて、清潔な用土に挿します。
この後、受け皿に水を張り、ビニール袋で密封します。

2011/9/9 一ヵ月、経ったので確認してみます。
見事に腐っていました・・・orz

エケベリアやハオルチアの様に、密閉せずに開放して挿し葉したほうが良いのかもしれません。

BACK